【イグジストアーカイヴ】攻略情報まとめ&レビュー【Vita】

最近の投稿

こんにちはユリカです☆

Vitaソフト『イグジストアーカイヴ-The Other Side of the Sky-』の攻略情報まとめとレビューです♪

※今回の記事はネタバレを含みますのでご注意ください※

基本操作・知識

☆フィールドアクション
L・移動
○・攻撃
×・ジャンプ
START・キャンプを開く

☆バトル・エネミーシンボルとの接触で、戦闘開始。
攻撃すると……100%先攻
直接触れると……高確率で後攻

☆朽ちた存在結晶
フィールドにある、朽ちた存在結晶を攻撃して破壊すると、低確率でアイテム入手。

存在結晶について

フィールドにある存在結晶の近くで、△ボタンを押すと存在結晶を取得できる。
アマツメに与えると、アマツメの体力が回復。さらに、探索に役立つスキル(エリアル・ジャンプなど)を習得できる。

フィールド・スキル、アマツメの間

☆エリアル・ジャンプ
フィールドで使用可能。ジャンプ中に×ボタンを追加入力することで、もう一度ジャンプができる。今まで行けなかった、少し高い場所の探索が可能になる。

☆バインド・スフィア
フィールドで使用可能。□ボタンで特殊な光を飛ばす。接触したエネミーシンボルの動きを止めて、バトルを回避することができる。

☆バースト・ジャンプ
フィールドで使用可能。バインド・スフィアによりバインドしたエネミーシンボルに接触すると、シンボルが発射台となり左スティックを倒した方向に高速移動できる。より高い場所の探索が可能。

☆スライディング
フィールドで使用可能。Lスティック下と×ボタン入力で、スライディングができる。狭い道を通ることが可能。

☆ラーニング
仲間の影響を受けて、仲間が所持するスキルを覚えたり、自分のクラススキルのレベルが引き上げられる。感情度の高いメンバーが同じパーティーでバトルをすると確率がアップする。

☆アイテム生成
アマツメの間で行うことができる。取得したAMPを消費して、新たなアイテムを生成できる。

☆バインド・コンボ
フィールドで使用可能。バインド・スフィアの強化型。バインドしているエネミーシンボルに接触すると、一定距離内のシンボルも同時にバインド状態になるため、バースト・ジャンプを繰り返すことができる。より高い場所の探索が可能となる。

☆グリード・モード
フィールドで使用可能。Rボタンで発動、解除ができる。移動速度や攻撃範囲などが強化、バトルでの連戦率アップ。グリード・モード中は、自動回復が発生しなくなるため注意。

☆エリアル・ダッシュ
ジャンプ中に、Lスティックと×ボタンを入力することで、キャラクターの進行方向に高速移動を行うことができる。

☆魂の送還について
アマツメの間で行える。仲間を地球に還して、邪神の魂を遼が継承する。遼のレベルにより、送還できる仲間の数が変化。引き継がれた魂のデモンズ・グリードは、条件を満たすと発動可能になる。

イグジストアーカイヴ-The Other Side of the Sky-攻略記事リスト

第一章 見知らぬ世界 攻略

第二章 止まない雨 攻略

第三章 管理者からの召喚 攻略

第四章 魂の気配 攻略

第五章 声が聞こえる 攻略

第六章 それぞれの想い 攻略

第七章 禁断の果実 攻略

第八章 ゼノビアの最終確認 攻略

第九章 静かな決意 攻略

第十章 遼の決断(エンディング分岐) 攻略

第十一章 シャサール侵攻 攻略

第十二章 終曲の刻 攻略

クリア後の感想

新規タイトルということもあり、期待度も高かった「イグジストアーカイヴ」をついにクリア☆

管理人のクリアまでの時間は約55時間でした! エンディングコンプは+5時間程度。

じっくりプレイすると、あっという間に約60時間が経過します(´∀`*)笑

やり込み要素(番外編など)や上級ダンジョンの攻略を含むと、さらに長い時間楽しめます。

頻発していた強制終了バグもアップデートで大幅に改善されましたが、アップデート後でもたまに発生します。

管理人の場合は、森系のダンジョンでのデモンズ・グリード(必殺技)発動時や、全体魔法攻撃による強制終了が多かったです。

ダンジョン内でのセーブはできないため、探索前にはこまめなセーブをオススメします(*´ω`*)

本編は全体的に世界観やキャラクターのエピソードがユニークです。レベルもサクサク上がるので、中盤からではありますが装備やスキル、パーティー編成の幅が広がって、攻略の楽しみが増えていきます☆

バトルの操作は簡単ですが、テンポが悪く途中で飽きてしまう可能性アリ。大きく好みが分かれる作品だと思います。ボス戦では消費アイテムの毒煙瓶や電縛網が活躍してくれるので、難易度は低めです。

個人的お気に入りパーティーは、カナタ・トキヒサ・ユイ・マユラ、カナタ・ミツヒデ・ユイ・レンの組み合わせです。意外とどんな組み合わせでも楽しめるので、好みのパーティーを見つけてみてください♪

[スポンサーリンク]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加